【フィアット 500X 発表】日本のユーザーと深い心の絆を作る…FCAジャパン社長

新車 レスポンス

FCAジャパンは、フィアット『500X』を発表した。このクルマは単なる『500』のバリエーション追加ではないという。

そう話すのは、FCAジャパン社長のポンタス・ヘグストロム氏だ。現在500には、ハッチバックとコンバーチブルがある。そこに「500Xが加わることで新たなファミリーが出来上がる」と述べる。

500のファミリーであることはデザインを見ても明らかで、「全く同じキャラクターラインを持っており、フロントフェイスはとても似ているでしょう」とヘグストロム氏。

フィアット500は日本市場に広く受け入れられ、2008年の導入開始時には、2502台を販売。以降、着実に台数を伸ばし、昨年は4650台と「時が経っても衰えない魅力のあるクルマだ」とコメント。そして、ヘグストロム社長は、「そこに投入する500Xは、日本におけるフィアットブランドの新しい歴史を開くクルマだ。この500Xが500と同様、日本のユーザーと深い心の絆を作ることができると思う」と期待を膨らませた。

この500Xは、設計、生産ともイタリアで行われる。今回グローバルモデルに位置付けられていることもあり、「エンジニアリングに250万時間、ロードテストは50万kmにも及んでいる」とし、その完成度に自信を見せた。

  • 内田俊一
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ