【東京モーターショー15】スバル劇場...大型スクリーンで「安心」と「愉しさ」表現

新車 レスポンス

富士重工業は10月30日から11月8日まで東京ビックサイトで一般公開される「第44回東京モーターショー2015」で、大型スクリーンを使用した劇場型ブースを展開する。

富士重工業は、「New SUBARU Story」をテーマに掲げ、「安心」と「愉しい」をキーワードに5つの大型スクリーンを活用した劇場型ブース「SUBARU Life Theater」を展開。従来のような車の機能や性能の紹介ではなく、具体的に車を使用して愉しむシーンを紹介することで、車に乗る人たちのアクティブな世界を広げ、人生の新たなストーリーがスタートするきっかけになること、を期待する。

「安心」と「愉しい」を軸に、さらに「ドライビング」、「セーフティ」、「チャレンジ」、「クオリティライフ」、「スマイル」、「パートナーシップ」の6つの観点からスバルらしさを紹介、大型スクリーンのスバル劇場で来場者に愉しんでもらえるショーを展開するという。

また、低重心、コンパクトから生まれる高い走行安定性に加え、環境性能と走りの愉しさを高い次元で両立する「水平対向エンジン」、優れた走行安全性、確かな走破性をかなえる「シンメトリカルAWD」、ぶつからないだけでなく、より安全・快適なドライブを実現するための運転支援システム「アイサイト」など、富士重工業の技術が、東京モーターショーを境に次世代ステージへと向かうという。

  • 徳田龍磨
  • スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト《画像 富士重工業》
  • スバル インプレッサ 5ドア コンセプト《画像 富士重工業》
  • スバル WRX S4 スポルヴィータ《画像 富士重工業》
  • スバル WRX S4 スポルヴィータ《画像 富士重工業》
  • スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト《画像 富士重工業》
  • スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト《画像 富士重工業》
  • スバル インプレッサ 5ドア コンセプト《画像 富士重工業》
  • スバル フォレスター  X-BREAK《画像 富士重工業》
  • スバル フォレスター S-Limited《画像 富士重工業》
  • スバル フォレスター 2.0XT EyeSight《画像 富士重工業》
  • ヘッドランプイメージ《画像 富士重工業》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ