ST、テレマティクスに特化した新プロセッサファミリーを発表

業界 レスポンス

STマイクロエレクトロニクスは、自動車のテレマティクスおよびコネクティビティ・アプリケーション向けの新アプリケーション・プロセッサ・ファミリ「Telemaco2」を発表した。

Telemaco2は、自動車の安全性、快適性、燃料効率につながるテレマティクス・システム向けに特化した車載用プロセッサ。Linuxプログラミングに対応しているほか、高い拡張性および小型サイズを特徴としている。Telemaco2を採用したソリューションは、事故時の緊急通報システム、自動車からクラウドへの継続的な接続、自動車の遠隔診断、道路トポロジ処理などのアプリケーションに対応する。

これまで車載テレマティクス機器に使用されてきたプロセッサは、これらの用途向けに特化した設計ではなかったため、必要以上に多くの機能ならびにシリコン面積を有していた。必要なIPブロックのみで構成されるTelemaco2は、2G/3G/LTEなどのモデム技術からの分離や、多様なLinuxオープンソース・ソフトウェア・コンポーネントの使用により、最先端の車載テレマティクス機器の開発・製造にかかるコストを最小限に抑えることができる。

現在、Telemaco2ファミリは、4品種(STA1074、STA1078、STA1079、STA1088)で構成。各品種は異なる機能を搭載しており、コスト効率と拡張性に優れたテレマティクス機器の実現に貢献する。全品種がサンプル出荷中で、2015年12月に量産開始の予定。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ