米VW、2016年型の認証申請を取り下げ…違法ソフトの影響

業界 レスポンス

米国で販売された一部のディーゼル車およそ48万台に、排ガス試験時に作動する違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。同車が米国向け2016年モデルの認証申請を、取り下げたことが分かった。

これは10月8日、米下院エネルギー商業委員会の公聴会に出席したフォルクスワーゲングループオブアメリカのマイケル・ホルン社長兼CEOが明らかにしたもの。ホルン社長兼CEOは、「フォルクスワーゲングループオブアメリカは、米当局に提出していた2016年モデルの認証申請を取り下げた」と公表している。

認証申請を取り下げたということは、米国市場において、フォルクスワーゲンの2016年モデルが販売できないことを意味する。認証申請取り下げの理由は、何か。

ホルン社長兼CEOは、「米国での認証手続きにおいて、EPA(環境保護局)とCARB(カリフォルニア州大気資源局)から、ソフトウェアの承認を得る必要があった」と語った。

今回の問題を受けて米当局は、フォルクスワーゲングループ車に対する認証手続きを、厳格化したものと推測できる。ホルン社長兼CEOは、「認証手続きを継続するために、当局と協力している」と述べている。

  • 森脇稔
  • 米公聴会に出席したVWグループ米国現地法人のマイケル・ホーン社長兼CEO(10月8日)《写真 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ