【フィアット 500X 発表】パンダ はマリオ、500 はコンバース…デザインの進化

新車 レスポンス

FCAジャパンから10月24日より発売されるフィアット『500X』。そのファミリーである『500』は、モダンさのシンボルともいえるデザインだという。

そう話すのは、FCA Italy:EMEA デザイン部門ヘッドのロベルト・ジョリート氏だ。「2007年にデビューした500は、決してレトロデザインや、単なるノスタルジーのものではない。約50年もの時空を超え、世界中で愛される『ヌォーヴァ500』の技術と歴史をベースに、未来をしっかりと映し出しているのだ」と述べる。

「フィアットが1957年に生み出したヌォーヴァ500は、その時代の持ちうるすべての知見とテクノロジーを注いだクルマで、これはフィアットだけが出来ることなのだ」とコメント。「そのコンセプトは、理論とマジック。そして、実用的でエモーショナルと相反するもので、これを立方体と球体をモチーフにしながらデザインしたものだ」と説明する。

ジョリート氏は、フィアット『パンダ』の進歩を、「少々皮肉っぽくいえばスーパーマリオに例えられる」という。「当初は解像度が低くギザギザだったが、現在は3Dフォノグラフィーなどにより、非常にスムーズな印象だ」。つまり、真四角な初代から、現在は角が落ちたデザインになったというのだ。そこに対し、2007年にデビューした500は、「コンバースオールスターのスニーカーの進歩に例えられるだろう。今日まで姿を変えずに、多くの色やパーソナライズをしながら今に至ったのだ」と語った。

  • 内田俊一
  • FCA Italy:EMEA デザイン部門ヘッドのロベルト・ジョリート氏《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ