コマツ、カメラとクラウドの連携で施工現場を3次元データ化

業界 レスポンス

コマツは、9月からサービス運用を開始したクラウドプラットフォーム「KomConnect」と、ICT建機に新たに搭載した「ステレオカメラ」により、施工現場の全エリアを3次元データで完全掌握することに成功した。

今回の成功を機に、あらゆるモノがICTでつながる建設現場の「IoT(Internet of Things)」を推進する。

クラウド型プラットフォーム「KomConnect」は、建設現場に携わる全てのヒト、キカイ、土についての情報をICTでつなぎ、解析、シミュレーション、提案まで行う。現場では、スマートフォンやタブレット、建機に搭載されたモニタ、事務所のパソコンから、いつでもKomConnectにアクセスし、蓄積された様々な情報を活用することができる。

また、ICT油圧ショベルPC200iへの搭載を開始した「ステレオカメラ」は、車体周辺の地形形状を常に高速、高精度に計測する。ICT建機は、自らが施行した地形の現況データを、ステレオカメラがそれ以外の場所の地形現況データを取得し、リアルタイムにKomConnectに送信・蓄積する。

変化する地形の現況データを、無人ヘリ(ドローン)で測量した施行前の地形データと3次元化した施工完成図面のデータに自動照合することで、施工の効率化と、施工現場全体の正確な出来高、進捗の管理を実現する。

スマートコンストラクションは今年2月、日本でサービスを開始し、ICT建機の国内の導入現場数は1000を超えている。コマツでは今後も、スマートコンストラクションを通じて、安全で生産性の高い建設現場の実現を支援する。

  • レスポンス編集部
  • スマートコンストラクションの機能拡充《画像 コマツ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ