【MotoGP 日本GP】限定ライダーメニューで食も楽しむ…今年はテイクアウトも

モータースポーツ レスポンス

ツインリンクもてぎオフィシャルレストラン「Front Row」では、昨年に引き続き「出張料理人吉田友則シェフ」がMotoGP限定の「ライダーメニュー」を販売している。

今年は臨場感あふれるライブキッチンスタイルで、より多くのMotoGPファンにその味を楽しんでもらえるようにと、テイクアウトメニューを提供する。

注目の「GPバル・プレート」は、ロッシ、ロレンソ、マルケスの3人のライダーのルーツの郷土料理をコンセプトにしたワンプレート。価格は1600円。レース好きはもちろん、食ツウをも唸らせる味。イタリアやスペインの名物料理が楽しめる。

シェフ 吉田友則氏は、1970年、神奈川県横須賀生まれ。横浜にある製菓製パンの専門学校で勉強し、その後料理の世界に入る。長野県八ヶ岳の井出忠利氏に師事。井出氏の素材を大事にした一皿に出会い、ジャンルに囚われない季節感を大事にした料理を目指すべく海外に渡る。

帰国後、イタリアン、フレンチ、洋食屋などで経験を積み、現在シェフとして口福感の残る料理を提供すべく独自の活動を展開している。

1996年には創作スープ部門で農林水産大臣賞を受賞。現在は旅するシェフとして14年間で2,000件を超えるお客様と出会い・口福感を提供し続けている。

  • 青木タカオ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ