【MotoGP 日本GP】サーキットの外では1000台規模のパレード

モータースポーツ レスポンス

MotoGP 日本グランプリは、サーキットの外でも盛り上がる。今年で4年目を迎える「グランプリロードR123パレード」は、予選日の10月10日に、道の駅もてぎからツインリンクもてぎまでの約7.5kmを走行ルートで開催される。

交通安全啓発を最大の目的に、茂木町民の理解を得て町内を通るルートが実現。今年はパレードの走行ルートの愛称を「グランプリロード」とし、およそ1000台のバイクが参加予定。「RIDE SAFETY, RIDE GREEN(ライドセーフティ、ライドグリーン)」を合言葉にパレードをおこなう。

先導車にはMotoGPならではのスペシャルゲスト、レジェンドライダーのケニー・ロバーツ氏とフレディ・スペンサー氏が登場。

地元団体によるイベントステージ、RG Touring Club トークショー、SL蒸気機関車との記念撮影、栃木県警察本部音楽隊 ステージなどイベントも盛りだくさん。18:00からは、国際レーシングコースでもパレードランをおこなう。

なお、パレード参加ライダーのエントリーは終了している。

  • 青木タカオ
  • 2015MotoGP日本グランプリ(初日フリー走行)《撮影 吉田知弘》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ