カワサキ Ninja ZX-10R、モデルチェンジして海外市場に投入

モーターサイクル レスポンス

川崎重工業は、スーパースポーツモデル『Ninja ZX-10R』をモデルチェンジし、2016年1月から海外市場に投入すると発表した。

ZX-10Rの2016年モデルは、カワサキレーシングチームのジョナサン・レイ選手が、2015年のスーパーバイク世界選手権でタイトルを獲得したレース活動で得たノウハウを市販モデルにフィードバック、サーキット性能を向上した。

搭載する水冷4ストローク並列4気筒DOHC998ccエンジンは、クランクシャフトの慣性モーメントを低減、コーナー立ち上がりの加速力を強化し、シャープなハンドリングの実現を目指した。電子制御スロットルバルブを採用することで、燃焼効率を向上、2016年から適用される新排出ガス規制「ユーロ4」もクリアする。

メインフレームは、ディメンション(車体の各部寸法)の見直しでフロントタイヤの接地感を向上させるとともにコーナリング性能の向上も図った。新採用のバランスフリーフロントフォークは、スーパーバイク選手権参戦マシンで使用されているフォークと同構造のハイスペックな仕様とする。

フロントフェアリングは大型化し、ウインドプロテクション性能を高めることでコーナーエントリー時の操作性向上も図った。

電子制御技術として最新式の小型慣性計測装置(IMU)とカワサキ独自のダイナミックモデリングプログラムを初採用した。これにより、走行時の車体の状態を緻密に演算し、より精細に車体姿勢をコントロールする。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ