【フィアット 500X 発表】新プラットフォームにこれまでのデザインエレメントを再現

新車 レスポンス

フィアット『500X』のデザインは、60年前の『ヌォーヴァ500』、そして、2007年の『500』の特徴全てを受け継いだクルマだという。

「その特徴とは、プロポーションはもちろん、確実な走行性能や、地面をしっかりと捉えたスタンスなどだ」とは、FCA Italy:EMEA デザイン部門ヘッドのロベルト・ジョリート氏の弁。

そして、500Xには、「スピリット、デザイン、そして技術力の蓄積が表現されている」と述べる。

「そのスピリットとは、シリーズ共通のデザイン要素で表現している」とジョリート氏。具体的には、大小2灯のフロントライトや、台形に型取られたノーズ部分。そして、「クロームメッキの口髭がフィアットロゴの両側についていることなどだ」と説明する。

更にサイドから500Xを見ると、「特徴のあるキャラクターラインがクルマを1周していることに気付くだろうし、そのシルエットは非常に柔らかな線で形成され、後部トランクのカーブは少々外に突出しているのも特徴だ」という。そして、「このようなディテールは500全てのジェネレーションの鍵となるものだ」と話す。

500Xのデザイン上の課題は、「これらのキーを新しいプラットフォームに再現することだった」とジョリート氏。「単に500のカーブを膨らませて、サイズを合わせただけではない。厳密に形のバランスとデザイン的記号の配列に従いデザインした。フロントフェイスに躍動感とボリュームを与え、リアビューにはより強いダイナミズムを与えたたうえで、500の形状的バランスは、踏襲したのだ」と語った。

  • 内田俊一
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • FCA Italy:EMEA デザイン部門ヘッドのロベルト・ジョリート氏《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ