【フィアット 500X 発表】3次元的な形状変化、デザインと使い勝手向上

新車 レスポンス

日本でも10月24日から販売が開始されるフィアット『500X』のインテリアは、『500』と比較し、より3次元的な形状を強めているという。

その理由について、FCA Italy:EMEA デザイン部門ヘッドのロベルト・ジョリート氏は、「技術力を伝えるための形状変更だ」と述べる。更に、「見た目にも触った感触にも高い価値観を感じさせるよう、表面素材や仕上げのクオリティがとても高くなっている」という。

しかし、これまでの特徴であるセンターにある3つのボタンは残された。ジョリート氏はその理由を「このボタンは大切だ。これらは、ダッシュボードの上の小さな宝石のようでもあり、乗ったらすぐに、必要な情報を与えてくれるボタンでもある」と述べる。

500と比較し確実に増えたのが収納だ。助手席前には2つの物入れが配され、また、ドアには「“ペリカンのくちばし”と呼ばれるポケットを設置した」。そして、「日常持ち歩く品物もそれぞれに居場所を見つけることが出来た」と説明。

また、シートはサイドサポートが十分張り出したことから、カーブ時の安定性が改善された。「これは全く新しいシートだが、ヘッドレストは丸くて肩のあたる部分には500のロゴが入っている」。そして、フロントシートの間、センター部分にはシートとの一体感を持たせた。「これによってUSBのコンセントやハンドブレーキ、携帯電話置き場にも手を伸ばしやすくなっている」とした。

  • 内田俊一
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
  • フィアット 500X《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ