【CEATEC 15】CEATECアワード、ホンダやマゼランシステムズがグランプリ受賞

業界 レスポンス

CEATEC JAPAN 実施協議会は、「CEATEC AWARD 2015」の各部門グランプリ・準グランプリを発表した。

「CEATEC JAPAN 2015」では、開催テーマである「『NEXT-夢を力に、未来への挑戦』のもと、IT・エレクトロニクス産業の進展と市場創造への貢献を目的に「CEATEC AWARD 2015」を実施した。

CEATEC AWARD審査委員会による審査の結果、ソーシャル・イノベーション部門では、マゼランシステムズジャパンの「低コストで実現された、自動運転用高精度衛星測位モジュールとIMU(慣性演算装置)との高度カップリングシステム」がグランプリを受賞した。

従来1000万円程した高精度衛星測位モジュールとIMUとのカップリングシステムのコストを、性能を維持しながら劇的に低減させることに成功したことが評価された。

グリーン・イノベーション部門では、ホンダの外部給電用インバータ「パワーエクスポーター9000」がグランプリを受賞した。FCV(燃料電池車)やEV(電気自動車)など、電動車で出力・蓄電した電力を車外へ取り出すため、軽量・コンパクトな可搬型インバータボックス。周波数が安定した、高品質な電気を供給することや、電源としても安心して使用でき、機器の誤作動を起こさないなど、省エネや防災などに活用できることが評価された。

また、同部門の準グランプリには、京セラが開発した世界初となる「白金を使用しない500度以上の高温対応煤(すす)センサ」が受賞した。ディーゼルエンジンの排ガス中の煤の検知に、従来は高価な白金が使用されている。京セラは、高価な上、500度以上では正しく動かない白金に代えて、卑金属の耐酸性導体を使用し、コストの大幅削減と500度以上にも対応する性能が評価された。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ