【SEMAショー15】ヒュンダイ ツーソン、700馬力オーバーにカスタマイズ

新車 レスポンス

韓国ヒュンダイモーターの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは11月、米国ラスベガスで開催されるSEMAショー15において、新型『ツーソン』のカスタマイズカーを初公開する。

ツーソンは、ヒュンダイの主力SUV。2015年3月、ジュネーブモーターショー15では、3世代目となる新型をワールドプレミア。4月のニューヨークモーターショー15では、新型ツーソンの米国仕様車を初公開。トヨタ『RAV4』やホンダ『CR-V』などのライバルに対抗するべく、ジュネーブのデビューから1か月という早期タイミングで、米国初公開を果たした。

SEMAショー15では、この最新ツーソンをベースに、米国のBisimotoエンジニアリングがチューニングを担当。ハイライトは、2.4リットル直列4気筒ガソリンエンジンのフルチューン。

その内容は、ターボチャージャーの追加と同時に、ブーストもアップ。エンジンコンピューターも専用チューニング。最大出力は700hp以上を獲得する。

また、フレックス燃料に対応。トランスミッションは6速MTとした。なお、ヒュンダイモーターアメリカは、予告イメージを1点公開。同社は、「史上、最もパワフルなツーソン」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • 新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
  • 新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ