無免許運転の発覚おそれ、警官ひきずり逃走

社会 レスポンス

8日午前7時ごろ、長野県松本市内の市道で、職務質問を振り切って逃走しようとしたクルマに警官がひきずられ、軽傷を負う事件が起きた。クルマはそのまま逃走したが、警察は後に出頭してきた20歳の男をひき逃げや無免許運転の容疑で逮捕している。

長野県警・松本署によると、現場は松本市渚1丁目付近。付近には小学校があるため、通学時間帯は一般車両の通行が禁止されている。同署が交通取り締まりを実施していたところ、これを無視して進行してきた1台の軽乗用車を発見。運転していた男に同署の29歳男性巡査長が職務質問し、免許証の提示を求めた直後にクルマが急発進した。

巡査長はピラーをつかんで抑止しようとしたが、そのまま約40mに渡ってひきずられて両腕を打撲するなどの軽傷を負った。クルマはそのまま逃走しており、警察は公務執行妨害事件として捜査を開始。車両の特定を進めていたところ、同日午前に20歳の男が出頭し、容疑への関与を認めたことから、公務執行妨害と傷害、道路交通法違反(ひき逃げ、無免許運転)の容疑で逮捕している。

男は違反累積によって運転免許が停止されており、聴取に対しては「無免許運転の発覚を恐れて逃げた」などと供述しているようだ。警察では事件発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ