VW パサート、北米仕様に初の「Rライン」…スポーツ性を強調

新車 レスポンス

フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカが9月下旬、米国で発表した2016年モデルの『パサート』。同車に、北米パサート初の「Rライン」が設定された。

北米向けのパサートは、欧州仕様のパサートとは異なる北米専用車。日本市場にも導入されたばかりの新型パサートとは、ボディサイズや見た目が異なる。北米専用車の現行パサートは2011年1月、デトロイトモーターショー11で発表。この北米向けパサートが2016年モデルにおいて、デビュー以来、初の大幅改良を受けた。

2016年モデルの発表と同時に、アナウンスされたのが、Rライン。北米パサートとしては、初のRライン設定となる。Rラインは、フォルクスワーゲンの子会社のフォルクスワーゲンR社が、フォルクスワーゲンの市販車に特別なカスタマイズを実施したモデル。

最近のRラインは、内外装のドレスアップを主体にした仕様が中心となっており、日本でも『ティグアン』や『ゴルフヴァリアント』などに、Rラインが用意される。

北米向けパサートのRラインでは、ブラックアクセント付きの専用フロントバンパー、ディフューザー付きリアバンパー、専用ロッカーパネルを採用。専用アルミホイールに、235/40R19タイヤを組み合わせている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン パサート 北米仕様の Rライン
  • フォルクスワーゲン パサート 北米仕様の Rライン
  • フォルクスワーゲン パサート 北米仕様の Rライン
  • フォルクスワーゲン パサート 北米仕様の Rライン
  • フォルクスワーゲン パサート 北米仕様の Rライン
  • フォルクスワーゲン パサート 北米仕様の Rライン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ