【MotoGP 日本GP】秘蔵公開、ホンダ通算700勝を支えたマシンたち

モーターサイクル レスポンス

MotoGP 日本グランプリが終わったばかりのツインリンクもてぎ。見どころはまだまだある。

ホンダコレクションホールでは10月14日まで、ホンダが前人未到の通算700勝を達成したことを記念した「MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜」を開催中。

これまでの勝利を支えた節目のマシンを展示するとともに、ホンダの長きに渡るレーシングヒストリーを紹介する。

ホンダは8月9日、「2015FIMロードレース世界選手権シリーズ第10戦インディアナポリスグランプリ」のMotoGPクラスにおいて、マルク・マルケス(Repsol Honda)が優勝。

この勝利で、1961年スペインGP125ccクラスでHonda RC143を駆るトム・フィリス(オーストラリア)が初優勝して以来、通算700勝を達成した。

ホンダは1954年に創業者の本田宗一郎が、“世界一への夢の達成”を目標に、マン島TTレース(当時のロードレース世界選手権最高峰)への出場を宣言。その後マシンを5年かけて開発し、1959年のマン島TTレースに日本メーカーとして初出場を果たしている。

翌1960年からFIMロードレース世界選手権シリーズの125ccと250ccクラスに参戦スタート。61年にトム・フィリスが勝利を収めると、66年には全5クラスを制覇。

ホンダにとってレース参戦はまさに“走る実験室”。勝利に向け開発した新技術を市販車にフィードバックし、完成度を飛躍的に向上させ、ユーザーから高い支持を得てきた。

通算500勝は、2001年の日本グランプリ500ccクラスでNSR500を駆るバレンティーノ・ロッシ(イタリア)が達成。600勝は05年のオーストラリアグランプリ250ccクラスのダニ・ペドロサ選手(スペイン)だった。

ホンダコレクションホールには、1961年スペインGPで世界選手権初勝利を飾ったRC143をはじめ、500勝目のNSR500、600勝目のRS250RWなどが展示されている。

  • 青木タカオ
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
  • MotoGP展 Road to 700victory 〜勝利を支えたマシンたち〜《撮影 青木タカオ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ