【トヨタ環境フォーラム15】新車CO2の9割削減など「環境チャレンジ2050」を発表

業界 レスポンス

トヨタ自動車は10月14日、都内でグループ企業や官庁、メディア関係者ら約400人を招いて「環境フォーラム2015」を開催した。

席上、内山田竹志会長が長期の取り組み方針である「トヨタ環境チャレンジ2050」を策定したと発表した。2050年に新車が排出するCO2(二酸化炭素)の総量を2010年比で90%削減することなど、車造りや生産活動での環境負荷低減、さらに社会活動での貢献など6項目のチャレンジ目標を掲げた。

車造りでは20年時点でFCV(燃料電池車)のグローバル販売を現状の10倍に増やすなど、経過目標も設定した。生産活動では再生加能エネルギーの活用などにより、2050年にグローバルで工場から排出するCO2をゼロにするという意欲的な目標としている。

内山田会長は「環境への取り組みは20年先、30年先を見た高いチャレンジが必要と考えた。オールトヨタで総力をあげて取り組みたい」と語った。また、一企業としての限界もあるため、実現に向けては各国政府や顧客など「すべてのステークホルダーの皆さんと取り組むことが大切。真摯にご意見もうかがっていきたい」と強調した。

  • 池原照雄
  • トヨタ自動車 内山田竹志会長《撮影 池原照雄》
  • トヨタ MIRAI と水素ステーション《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ MIRAI
  • トヨタ自動車・米国ミシシッピ工場
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ