ホンダ、歩行支援ロボット「歩行アシスト」の海外展開も

業界 レスポンス

ホンダは10月14日、同社が開発した歩行支援ロボット「Honda歩行アシスト」が生活支援ロボットの国際安全規格「ISO13482」の認証を取得したと発表した。今回のホンダの取得は7件目となる。

「歩行アシスト」は腰と太もも部分にベルトで装着し、内蔵モーターで足の運びをサポートするもので、二足歩行ロボット「アシモ」 の中の「倒立振子モデル」という技術を応用している。2013年からは100台を全国約50カ所の病院や施設で先行使用してもらい、訓練機能の強化はもちろんのこと、扱いやすさや装着性などさまざまな改良を行ってきた。

「使用していただいた方の間では、歩行能力と歩き方に非常に改善が見られた」とは開発責任者の伊藤寿弘氏の弁だが、認証取得には新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「生活支援ロボット実用化プロジェクト」の成果として得られた安全設計や認証取得に必要なデータ整備などの知見を活用したという。

いずれにしても今回の認証取得によって、歩行アシストの安全性と信頼性についてお墨付きを得たことになり、ホンダでは11月から法人向けにリース販売を開始する。初年度の目標は300台で、その後については初年度の販売状況を見ながら計画を立てる。また、海外展開の進めていく方針で、すでにデンマークの病院からの引き合いもきているそうだ。

  • 山田清志
  • 左から開発責任者の伊藤寿弘氏、池史彦会長、日本品質保証機構の小林憲明理事長《撮影 山田清志》
  • 開発責任者で汎用パワープロダクツ事業本部の伊藤寿弘氏《撮影 山田清志》
  • Honda歩行アシスト《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ