【東京モーターショー15】パイオニア、開発中の自動運転関連技術を参考出品

新車 レスポンス

パイオニアは、10月30日から東京ビッグサイトで開催される「東京モーターショー2015」に出展すると発表した。

主催者テーマ事業である、クルマと人と都市の関わりをリアルに体験できる「スマートモビリティシティ2015」エリアで、コネクテッドカーから自動運転社会に向けて開発している、さまざまな先進技術を紹介する。

ブースでは、次世代のコネクテッドカーライフを体験できる新型コンセプトモック「インビークル・コンテキスト・アウェアネス」を参考出品する。ドライブ中に刻々と変化する状況の中、状況に応じてドライバーが必要とする情報を、先読み技術を使って理解(推定)し、最適なタイミングで提供する先進的なコネクテッドカーライフを、シミュレーターで模擬運転しながら体験できる。

また、開発中の走行空間センサー「3D-LiDAR」や、「高精度な自車位置推定」、「高度化地図の効率的な整備・運用システム(データエコシステム)」など、開発・構築中の先進的な自動運転関連技術を展示する。

新開発の進化した「AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)ユニット」を参考出品するほか、自動車向けクラウド基盤によるビッグデータを活用した、さまざまなテレマティクスサービスを提案・展示する。

有機EL照明の車用途提案や、透明ディスプレイを使用してインフォメーションボードにできるシースループロジェクションも参考出品する。

さらに、レギュラーゾーンでは、サイバーナビや楽ナビなど、先進機能を搭載した車載機器を展示する予定。

  • レスポンス編集部
  • パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ