【東京モーターショー15】横浜ゴム、フィン状突起付きタイヤを開発…車両の浮き上がりを抑制

業界 レスポンス

横浜ゴムは、自動車の走行時、タイヤ周辺の空気の流れをコントロールする技術を進化させ、車の空気抵抗低減に加え、走行時に発生する車両のリフト(浮き上がり)抑制に貢献する技術を開発した。

この技術を実用化することで、車の燃費性能向上に寄与するとともに、車体の安定性を向上するタイヤ開発にも結びつく可能性がある。

同社は、転がり抵抗に次ぐ新たな環境対応技術として車の空気抵抗低減に着目、2010年から空力シミュレーションを活用して、タイヤ周辺の空気の流れをコントロールする、エアロダイナミクス技術を研究している。2012年12月にはタイヤハウス内にある空気の流れを制御するため、インサイド(車両装着時内側)のサイドウォールにフィン状突起を放射線状に配置した技術を発表した。

今回、車両全体の空気の流れを制御するため、フィンの形状を新たに開発し、配置方法も一新、これをタイヤのショルダー部に近いサイドウォールに、斜めに配置した。このフィンをアウトサイド(車両装着時外側)のサイドウォールに配置すると、フィンがタイヤ上部の空気抵抗を低減、下部では車両のリフト抑制に貢献することを発見した。

また、東北大学流体科学研究所の大林茂教授らとともにスーパーコンピューター「京」を使って大規模な空力シミュレーションによるパラメータスタディで解析した結果、空力的効果を高めるフィン配置に関する知見を得ることができたとしている。

これまで、エアロダイナミクス技術の成果として、タイヤ側面に小さな凹みを施したディンプルデザインや、内側のタイヤ側面にフィンを配置したタイヤなど、車の燃費向上に寄与する技術を開発してきた。今回の新たな成果をベースに、今後はディンプルやフィンの形、配置を変えることによって、低燃費性能に加え、様々な要求性能を満たすタイヤ設計技術の研究を進めていく。

新形状のエアロダイナミクスタイヤは10月28日から東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」に参考出品する予定。

  • レスポンス編集部
  • ノーマルタイヤ(左)と新形状エアロダイナミクスタイヤ(右)のイメージ《画像 横浜ゴム》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ