ホンダ、米本社にEV充電スタンド増設…120基追加

エコカー レスポンス

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月15日、米国カリフォルニア州トーランスの米国本社に、120基のEV用充電スタンドを増設すると発表した。

今回の取り組みは、EVで通勤するアメリカンホンダの従業員への配慮と、2018年までに市販予定の次世代プラグインハイブリッド車(PHV)の導入に備えるのが目的。

増設工事は、2段階で行われる予定で、すでに第1段階の工事に着手。ホンダはおよそ数100名の従業員が、EVで通勤できる体制になると見込む。

ホンダは米国において、『フィットEV』や『アコードPHV』を販売中。2016年には新型燃料電池車を投入する計画で、2018年までには、新型EVやPHVもスタンバイしている。

アメリカンホンダの環境事業部門、スティーブ・センター副社長は、「今回の増設により、米国本社の多くの従業員にとって、EVで通勤することが便利な選択肢になるだろう」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ