マツダ、東京ミッドタウンで「魂動」テーマのデザイン展

業界 レスポンス

マツダは10月16日から東京都港区の東京ミッドタウンで開幕したデザインイベントに、「This is Mazda Design. CAR as ART」というコーナーを出展した。

2015年4月にイタリアのミラノで開催された「ミラノデザインウィーク2015」に出して好評を得たトラックレーサー「Bike by KODO concept」、ソファーの「Sofa by KODO concept」と日本の伝統工芸品などを展示している。いずれもマツダのデザインテーマである「魂動」がモチーフ。

展示されている伝統工芸品は、鎚起銅器の「魂銅器(こどうき)」(玉川堂作)と、卵殻彫漆箱「白糸(しらいと)」(金城一国斎氏作)の2品。さらに『CX-3』と『ロードスター』の車両も併せて出展している。会期は25日まで。

イベント会場で同社アドバンスデザインスタジオの中牟田泰部長は「マツダデザインが目指すのは“クルマは美しい道具”であるということ。今回作品展示しているアート活動はクルマのデザインにつながるものであり、表現の奥行きなどをご覧いただきたい」と語った。

  • 池原照雄
  • Bike by KODO concept《撮影 池原照雄》
  • This is Mazda Design. CAR as ART《撮影 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ