日産と三菱、次期型軽自動車の企画・開発で合意…協業プロジェクトを継続

業界 レスポンス

日産自動車と三菱自動車および、両社の合弁会社 NMKVは10月16日、次期型軽自動車の企画・開発の継続について基本合意に達したことを発表した。近く、3社間でMOU(覚書)を締結する。

今年初めには、日産自動車が2016年度をめどに軽自動車の自社生産に乗り出す方針を固めたとの報道もあったが、3社は、現行軽自動車の次期型モデルについても、これまで同様に共同でプロジェクトを進めていく。

3社は今後、さらに競争力あるモデルを開発していくため、最適なリソース配分・役割分担を構築していく。具体的には、設計開発、実験などの開発業務について、今後は日産もより深く関わっていく。また、NMKVの機能を強化し、従来担当してきた商品企画やプロジェクト開発などのマネジメント機能に加え、開発と生産の連携をより円滑、強化するための部署を新たに設ける。なお、生産については、引き続き、三菱自動車の水島製作所で行う予定。

日産、三菱、両社の軽自動車に関する協業事業は、2011年6月に企画開発を行う合弁会社としてNMKVを設立し、2013年6月には『デイズ』『eKワゴン』、2014年2月には『デイズルークス』『eKスペース』を発売。両ブランドを合わせた販売台数は9月末までに累計50万台を達成するなど、順調な道のりを歩んできた。

この協業プロジェクトでは、軽自動車EVの企画開発にも取り組んでおり、軽EVを含め、次期型軽自動車の車両概要、発売時期など詳細については後日公表する予定だとしている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 eKワゴン《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ