フィアット ティーポ、20年ぶりに復活…新型コンパクトセダン

新車 レスポンス

イタリアの自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は10月12日、欧州市場に投入するフィアットの新型セダンに、『ティーポ』(TIPO)の名前を復活させると発表した。

この新型セダンは2015年5月、トルコで開催されたイスタンブールモーターショー15で初公開された『AEgea』。同車は小型の4ドアセダン。デザインは、イタリアのFCAスタイルセンターが担当。開発はトルコのR&D部門で行われ、トルコのトファスの工場で組み立てられる。

ボディサイズは、全長4500×全幅1780×全高1480mm、ホイールベース2640mm。室内は、大人5名が乗車するのに充分な空間を備え、トランク容量も510リットル(VDA計測法)を確保した。パワートレインはガソリン2、ターボディーゼル2の合計4エンジン。最大出力は95hpから120hpまでで、ディーゼルの燃費は25km/リットルと優れる。

トルコでは11月、販売開始の予定。12月以降、EMEA地域の40か国以上へ出荷される。FCAの今回の発表では、AEgeaの車名は、トルコ限定。他のEMEA地域の国では、ティーポの名前が冠される。

ティーポは、1988年に発表されたフィアットの小型ハッチバック。1994年に登場した『ブラーボ』『ブラーバ』を後継車とする形で、1995年に生産を終了した。日本市場にも、正規輸入された時期がある。欧州では、ティーポの車名が、およそ20年ぶりに復活することになった。

  • 森脇稔
  • フィアット ティーポ
  • フィアット AEgea(参考画像)
  • フィアット AEgea(参考画像)
  • フィアット AEgea(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ