ルノー カングー クルール 第5弾…ファンの要望に応え、MT多めの合計50台

新車 レスポンス

ルノー・ジャポンは、『カングークルール』を限定160台で発売する。今回はフランスが香る色をテーマに、香草や香料などに用いられているハーブのローズマリーをイメージしている。

ローズマリーは、地中海沿いで多く見られる、1m20cmから1m50cmくらいの大きさまで育つハーブだ。その言葉の由来について、同社マーケティング部のフレデリック・ブレン氏は、「ラテン語で、ローズマリーヌスという言葉があり、海の滴という意味だ。そこからローズマリーという名前が生まれたといわれている」と説明する。

ギリシャ、ローマ時代からローズマリーはあり、当時は心と体を休めて元気にするという効果から薬草としても使われていた。近年では、パフュームにもよく使われているほか、プロバンスの料理には欠かせないハーブとして、グリルやBBQ、ピザなどにも用いられる。また、パンにも練り込まれたり、ハーブティーにも使われている。

今回限定販売されるカングークルールは、グリーンとブルーのボディカラーを纏っている。「グリーンがローズマリーの葉っぱを、ブルーは花をモチーフにした」とブレン氏。ローズマリーの花が見られるのは、2月から4月。そして9月から10月あたりで、2回花を咲かせる種類もある。そこで、「秋に合わせてローズマリーをテーマにした」と述べる。

限定数はグリーンが100台(AT 70台、MT 30台)、ブルーが60台(AT 40台、MT 20台)だ。標準モデルとの違いは、カラー以外に、プライバシーガラスを採用している点。内装は可倒式の助手席が標準装備されるほか、シートバックテーブルが装備される。価格は241万5000円だ。

ブレン氏によると今回は、MTを多めに導入するという。その理由は、「カタログモデルでは36%くらいがMT。そこで、多めに設定した」と説明。もともとカングーのMT比率は高く、「初代カングーでは25から26%ほどで、一時は3割程度まで増えたこともあった。現行でも、3割を切ったことがないくらいだ。特に最近では1.2リットルターボとMTの組み合わせがヒットしている」と話す。「ユーザー層はATとMTであまり変わらないが、MTに乗りたいがために、限定解除をしているファンも多い」と語った。

  • 内田俊一
  • ルノーカングークルール《撮影 内田俊一》
  • ルノーカングークルール《撮影 内田俊一》
  • ルノーカングークルール《撮影 内田俊一》
  • ルノーカングークルール《撮影 内田俊一》
  • ルノーカングークルール《撮影 内田俊一》
  • ルノーカングークルール《撮影 内田俊一》
  • ルノーカングークルール《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ