トヨタ タコマ 新型、米国でリコール…エアバック固定ボルトに誤り

業界 レスポンス

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は10月13日、新型『タコマ』の一部を、リコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、エアバッグの不具合によるもの。米国トヨタ販売によると、新型タコマのインパネ下部に組み込まれている運転席ニーエアバッグを固定するボルトに、誤った部品が使われている可能性があるという。

このボルトが緩むと、事故の際、運転席ニーエアバッグが本来の性能を発揮しない恐れがあるしている。

リコールの対象となるのは、2016年モデルとして米国で発売されたばかりの新型タコマの一部。米国で販売されたおよそ310台が、リコールに該当する。

米国トヨタ販売は、対象車を保有する顧客に連絡。販売店で、ボルトを交換するリコール作業を行う。

  • 森脇稔
  • 新型 トヨタ タコマ
  • 新型 トヨタ タコマ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ