ルノー 日産、ジェンダーダイバーシティを加速

業界 レスポンス

ルノー日産アライアンスは10月13日、ジェンダーギャップの縮小を目指し、引き続き前進していくと発表した。

アライアンスは、数多くの取り組みをグローバルで実施。とくに日本では、女性の採用、雇用、昇級に力を入れている。ルノーおよび日産両社における女性従業員比率は、前年より増加。とくに、管理職における女性従業員の割合が増加した。

ルノーの最新データでは、世界全体での女性従業員の割合が18.4%。2000年の10%、2013年の17.6%から増加した。2014年のグローバルでの女性管理職比率は18.3%。2013年の17%から増加。また。同社のグローバルにおける約2000の重要な職務の内、女性の割合は22.2%となり、2013年の19.6%から増加している。

またルノーは、女性の上級役員の割合においても業界トップレベル。エグゼクティブコミッティメンバー11名のうち2名が女性。ルノーは2016年までに、グローバルにおける女性従業員比率を、開発・技術分野で30%に、販売分野においては50%に引き上げることを目指す。同時に、グローバルで重要な職務に就く女性の割合を25%まで引き上げることを狙う。

日産では、2014年度のグローバル全体の管理職の11.7%を女性が占めた。2013年度の10.6%からさらに増加。日本においては、管理職の8.2%を女性が占めており、前年度の7.1%から増加。これは2004年度から、5倍以上の増加となる。

日産は、日本の大手製造業平均の3倍以上となる女性管理職比率を維持し、国内市場における自動車業界のベンチマークとしての地位にある。日産は2017年4月までに、女性管理職の割合を日本で10%、グローバル全体で14%に引き上げることを目標としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ