VWのビンターコルン前CEO、グループ親会社の会長も辞任へ

業界 レスポンス

世界的規模での排ガス不正の責任を取る形で、CEOを辞任したフォルクスワーゲングループのマルティン・ビンターコルン氏。同氏が、グループ親会社の会長職も辞任することが分かった。

これは10月17日、ポルシェ・オートモービル・ホールディングSE(以下、ポルシェSE)が明らかにしたもの。同社は、「マルティン・ビンターコルン氏との間で、ポルシェSEの会長職を10月末に辞任することで合意した」と発表している。

マルティン・ビンターコルン氏はフォルクスワーゲングループのCEO辞任後も、同グループの親会社のポルシェSEの会長にとどまっていた。同氏の権力が残された形となり、批判が高まっていた。

今回のポルシェSEの発表は、この批判への対応。ビンターコルン氏の後任には、フォルクスワーゲングループ監査役会のハンス・ディーター・ペッチュ会長が、11月1日付けで就任する予定。

ポルシェSEは、「ビンターコルン氏の功績に感謝したい。困難な状況の中、ポルシェSEの会長として貢献してくれた」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲングループのマルティン・ビンターコルン前CEO
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ