排ガス不正問題「対応コストの価格転嫁はディーゼル離れ招くおそれ」…フロスト&サリバン

業界 レスポンス

米国の市場調査会社フロスト&サリバンは、フォルクスワーゲン(VW)社のディーゼル排ガス問題に関する見解を10月19日に発表した。

VW社による米国での排ガス規制逃れの一連の問題は、グローバル規模で自動車業界に影響を及ぼし、これまでに築き上げられたクリーンディーゼル技術や内燃エンジン(ICE)の進歩にも陰りを生じる事態となっている。

フロスト&サリバンは、VW社が消費者からの信頼回復、自動車販売における成長、持続的な収益確保を実現するためには、「新興市場への注力」「ハイブリッド車、電動パワートレイン車に対する優先的取り組み」「乗用車の安全性向上に向けた取り組み」「持続可能型モビリティと合成燃料のパイオニアとしての位置付け」「主要全モデルにおけるコネクテッドカー/サービスへの注力」「アウディ、ポルシェ、その他のブランドの販促強化」「より厳格な任意の排ガス試験と認証の実施」の8事項が必要だとしている。

同社自動車・交通運輸部門シニアリサーチアナリスト、アルン・チャンドラナー氏は、「VW社の一連の問題はディーゼルパワートレインの未来に広範囲に及ぶ影響をもたらす可能性もあり、より厳格な規制や対応技術開発に伴う多額の投資を招く懸念がある。自動車メーカーにとって、これらの関連コストの上昇が小売価格に転嫁されることで消費者がディーゼル車を敬遠する動きにつながるリスクもある」と述べている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 排ガス試験で不正があったフォルクスワーゲン《写真 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ