夏タイヤ満足度、ミシュランが全4セグメントで首位…J.D.パワー

業界 レスポンス

J.D.パワーアジア・パシフィックは、日本のリプレイスタイヤ顧客満足度調査結果を発表した。

今回で7回目となる調査は、市販タイヤ(冬用タイヤを除く)を新品で購入後、3〜14か月経過した乗用車ユーザーを対象に、市販夏用タイヤの顧客満足度を測定するもの。

2014年6月から2015年5月の間に市販夏用タイヤを新品で購入した乗用車ユーザーに対し、今年7月下旬から8月にかけてインターネット調査を実施し、総計7979人から回答を得た。

市販夏用タイヤに関して「グリップ/ハンドリング性能」、「乗り心地」、「耐摩耗性能」、「見映え」の4つのファクターで総合的に評価してもらった。

セグメント別では、前年より満足度が低下したのはミッドサイズで、1000点満点中581ポイントと前年より9ポイントダウンした。ラージは、前年より1ポイント低い612ポイントだった。

ファクター別では、ミッドサイズは、グリップ・ハンドリング性能で14ポイント、乗り心地で7ポイント、耐摩耗性能で6ポイント、見映えで7ポイントそれぞれ低下。一方でラージは、グリップ・ハンドリング性能で4ポイント、耐摩耗性能で7ポイント、見映えで1ポイントそれぞれ低下している。

総合満足度ランキングで軽自動車/コンパクトカーセグメントの業界平均は540ポイント。ミシュランが622ポイントで1位となった。ミシュランは、全てのファクターでセグメントトップスコアとなった。2位はダンロップで560ポイント。

ミッドサイズセグメントの業界平均は581ポイントだった。ミシュランが1位で645ポイント、2位はブリヂストンで603ポイントとなった。ミシュランは、全てのファクターでセグメントトップスコアとなった。

ラージセグメントの業界平均は612ポイント。ミシュランが654ポイントで1位となった。全てのファクターでセグメントトップスコアとなった。2位はブリヂストンとピレリがともに627ポイントで同スコア。

ミニバンセグメントの業界平均は562ポイント。全てのファクターでセグメントトップスコアとなったミシュランが619ポイントで1位だった。2位はヨコハマで584ポイントとなった。

  • レスポンス編集部
  • J.D.パワー アジア・パシフィック 2015年日本リプレイスタイヤ顧客満足度調査《画像 J.D.パワー》
  • J.D.パワー アジア・パシフィック 2015年日本リプレイスタイヤ顧客満足度調査《画像 J.D.パワー》
  • J.D.パワー アジア・パシフィック 2015年日本リプレイスタイヤ顧客満足度調査《画像 J.D.パワー》
  • J.D.パワー アジア・パシフィック 2015年日本リプレイスタイヤ顧客満足度調査《画像 J.D.パワー》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ