【IIHS衝突安全】アキュラ の全5車、2015トップセーフティピック+に…高級車初

新車 レスポンス

ホンダのアキュラブランドは、全車が米国IIHS(道路安全保険協会)から、「2015トップセーフティピック+」に認定された初の高級車ブランドになった、と発表した。

「2015トップセーフティピック」は、この1年間にIIHSが衝突テストを実施したモデルの中で、優れた結果を残した車に与えられる賞。この中から、IIHSは最も安全性が高い車両を、「2015トップセーフティピック+」に指定している。

アキュラブランドからは、セダンの『ILX』、『TLX』、『RLX』、SUVの『MDX』、『RDX』の全5車種が、2015トップセーフティピック+に輝く。

トップセーフティピック+に選ばれる条件は、通常の前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hの各衝突テスト、追突時のむち打ち確認テスト、横転を想定したルーフ強度テストに加えて、「新スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の前面オフセット衝突テストで、優秀な結果を残す必要がある。

新スモールオーバーラップテストは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつけるもの。実際の衝突事故に、より近づけるための追加テスト。IIHSは総合評価でGOOD(優)となった車を、「トップセーフティピック+」に指定し、従来の「トップセーフティピック」以上に、高い衝突安全性能を認めている。

全5車種が2015トップセーフティピック+に指定されたアキュラ。アキュラ部門のジョン・イケダ副社長は、「アキュラは先進の安全技術を、全車に用意するコミットメントを掲げている」と述べた。

  • 森脇稔
  • アキュラ TLX
  • アキュラ RLX
  • アキュラ ILX の2016年型
  • アキュラ MDX
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ