キャデラック ATS 、中国専用ロングに改良新型…8速AT採用

新車 レスポンス

米国の自動車最大手、GMと上海汽車の中国合弁、上海GMは10月12日、キャデラック『ATS‐L』の改良新型モデルを中国で発売した。

同車は2014年8月、キャデラックの小型スポーツセダン、『ATS』に追加された中国専用の「ロングホイールベース」仕様車。現地では、アウディ『A4』、BMW『3シリーズ』、メルセデスベンツ『Cクラス』、ボルボ『S60』、インフィニティ『Q50』(日本名:新型日産『スカイライン』)の中国専用ロングホイールベース車と競合する。

ATS-Lでは、ホイールベースをATS比で85mm延長。後席乗員のゆとりが引き上げられた。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボには、最大出力が230psと279psの2種類のチューニングが用意される。

今回、中国で発売されたのは、ATS-Lのデビュー1年が経過して、初の改良が施されたモデル。外観は、フロントグリルが新デザイン。メカニズム面では、8速ATとアイドリングストップが採用された。

また、中国で初めて、「OnStar」が4G LTEに対応。中国のラグジュアリーセダンで初めて、アップル社の「CarPley」にも対応させている。

  • 森脇稔
  • キャデラック ATS‐L 改良新型
  • キャデラック ATS‐L 改良新型
  • キャデラック ATS‐L 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ