船橋オートでハーレーが走る…無料試乗会も開催

モーターサイクル レスポンス

船橋オート(千葉県船橋市)にて、10月21日から25日に開催されるG1レース「船橋オート祭」。その先導車として、ハーレーダビッドソン2016年モデル『アイアン883』が登場することがわかった。

開催期間中、先導する女性ライダーが最新のハーレーダビッドソン純正ウェアを身にまとって各レースに登場。船橋オートの観客に、ハーレーダビッドソン独特の世界観を体感してもらおうという試みだ。

さらに、11月1日10時00分から16時00分(最終受付15時30分)には、ハーレーダビッドソン・ニューモデル試乗会を船橋オートにて開催。先導車両とともに、競技用車両が実際に走行するオートレース場の本コースを走ることができる。

クローズドコースのため、大型自動二輪MT免許を持っていない普通自動二輪MT免許のみ保有の人も、試乗会に参加可能。要事前審査。

また、走行疑似体験マシン「JUMP START」やトライク・タンデム同乗試乗、2016MY話題の新モデル展示など、免許を持っていない人でも楽しめるプログラムも用意。

グッドウッド二輪商会株式会社、株式会社クリタ、株式会社ハーレーダビッドソンシティの主催による。

船橋オートは昭和25年に全国で初めて設置された「オートレース発祥の地」だが、近年厳しい経営が続いていて廃止が決定済み。消えゆく昭和の遺物だけに、貴重な機会となりそうだ。

  • 青木タカオ
  • 船橋オートのレースで先導役を務めるハーレー アイアン883《画像 ハーレーダビッドソン》
  • 船橋オートのレースで先導役を務めるハーレー アイアン883《撮影 青木タカオ》
  • 走行疑似体験マシン「JUMP START」。《撮影 青木タカオ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ