日産 西川CCO「19〜20年頃にEVの普及ペースが一段と加速する」

業界 レスポンス

日産自動車の西川廣人CCOは10月20日に、横浜市にある本社で会見し、米国や中国など世界の主要市場で燃費規制が強化される2019〜20年にかけて電気自動車(EV)などモーターだけで駆動する電動車両の普及が一段と加速するとの見通しを示した。

西川CCOは「主要マーケットで非常に厳しい燃費規制が19〜20年頃にアメリカや中国などで導入される。その段階でインフラの状態、それから技術進化の状態をみると、19〜20年頃にEVの普及のペースが一段と加速する。他の完成車メーカーも含めて商品を用意しているので、間違いなく19〜20年の段階でぐっと需要がでてくる」と述べた。

その上で「それが燃料電池車か、あるいはEVか、いろいろな議論はあるが、まずはEVになるのは間違いない。そこで加速する。その段階でできれば日本が世界のEVの先進市場をリードし、その中で我々が当然のことながらナンバーワンとして貢献していく状態にもっていくことが、我々のミッションである」と強調した。

  • 小松哲也
  • 日産自動車 西川廣人 CCO《撮影 小松哲也》
  • 日産自動車会見《撮影 小松哲也》
  • 日産自動車会見《撮影 小松哲也》
  • 日産自動車会見《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ