日産 ニューモビリティコンセプト が米国上陸…カーシェア用

エコカー レスポンス

日産自動車の米国法人、北米日産が17日、日産『ニューモビリティコンセプト』10台を、サンフランシスコのスクート・ネットワーク社に納車したと発表した。

ニューモビリティコンセプトは、ルノーが欧州市場で販売している超小型EV、『トゥイジー』の日産ブランド版。同車が米国に上陸を果たした。

トゥイジーは2009年のフランクフルトモーターショーでプロトタイプ、翌年のパリモーターショーで市販版を発表。全長2337mm、全幅1191mm、全高1461mmという超小型、バッテリーを含めても450kgという超軽量ボディのシティコミューターEV。

スペース効率を最大限に引き出すため、2名の乗員は前後に座る。モーターは2種類のパワー特性。最大出力9ps版は最高速45km/h、17ps版は最高速85km/h。満充電での航続距離は、ともに約100km。

スクート・ネットワーク社はサンフランシスコで乗り物シェアサービスを行っており、電動スクーターなどに加えて、超小型EVのニューモビリティコンセプトがカーシェアリングサービスに加わっている。

  • 森脇稔
  • 日産ニューモービリティコンセプト(ルノートゥイジー)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ