【東京モーターショー15】旭硝子、2020年のターミナル駅を舞台に製品や技術を紹介

新車 レスポンス

旭硝子は、東京ビックサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」の主催者テーマ事業である「スマートモビリティシティ2015」に出展すると発表した。

今回、展示ブースでは、「Plus!〜明日のあたらしいを、プラス。〜」をテーマに、安心・安全・快適なクルマやくらしに貢献する最新製品・技術と進化の可能性を紹介する。

ブースの舞台設定は2020年のターミナル駅。国内外の観光客をはじめ、多様な人々の利用を想定した中で、旭硝子のガラスや化学・セラミックスなどの製品・技術が、これからのクルマづくりや、くらしづくりにどのような「Plus!」の価値をもたらすのか体感してもらう。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ