古河電工グループ、着座型屋内用ビークルを開発

新車 レスポンス

古河電工グループのKANZACCは、着座型屋内用ビークル「BPHOENIX evon」を開発、プロトタイプが完成したと発表した。

今後、工場・イベント会場での移動や、少ない荷物の運搬用途として活用していく。

「BPHOENIX evon」は、非接触充電対応で、手軽に充電が可能。プラグイン充電にも対応しているため、使用環境に応じた充電方法が選択できる。

充電コイルには、同社のめっき付アルミリッツ線を使用している。デザインは、スタイリッシュにすることで、老若男女を問わず気軽に使用できることを目指した。充電スタンドは、持ち運びが簡単に出来るため、スペースを選ばず、どこでも設置が可能。

医療・介護や工場などで移動や荷物運搬用ビークルが採用されている。これらビークルには多様なニーズがあり、今回操作性、利便性、デザイン性を追求したモデルを開発した。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ