【東京モーターショー15】日本精工、e-モーション・モジュールを世界初公開

新車 レスポンス

日本精工は、10月30日から11月8日まで、東京ビッグサイトで一般公開される「第44回東京モーターショー2015」に、「安全」と「環境」分野に貢献する製品や技術を出展すると発表した。

今回の出展テーマは「アシタ未来研究所〜その動きで、明日を動かす」。

今回、アドバンスド・アシスト・ステアリングII、ホイールハブモータ、電動ブレーキブースター用ボールスクリュー、ニューEVドライブシステムを「e-モーション・モジュール」として世界初公開する。独自技術で構成するe-モーションモジュールを、透過型モニターを用いた映像とナレーションを融合させた新たな手法で紹介する。

また、運転中に衝突の危険が迫った際、自動で運転操作を行うシステム「アドバンスド・アシスト・ステアリングII」を世界初公開する。システムがいち早く危険を察知し、自動的に適切な運転操作して衝突を回避する。さらに、衝突回避後の不安定な動きを、安全な走行状態へと速やかに戻す。「セーフティ・ステアリング機構」がハンドルの急激な動きを抑制することで、ドライバーの被害を防止する。

このほか、小型・軽量化、電動化対応、低摩擦損失などで自動車の燃費向上に貢献する製品や安全性に貢献する電動パワーステアリングなど、幅広い製品を展示する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ