三菱重工、大学や高専などを対象にした共同研究公募制度を創設

業界 レスポンス

三菱重工業は、公募方式で公的研究機関や大学、高等専門学校(高専)などと共同研究に取り組む「三菱重工業マッチング研究公募」制度を創設すると発表した。

同制度は、研究開発活動で社外と積極的に連携・協業する、オープンイノベーション拡大による技術基盤強化策の一環で、共同研究による研究開発ネットワークの広がりを通じて、新しいシーズの発掘につなげていくのが狙い。

公募対象者は、国・自治体や公益団体などの研究機関、大学や高専に所属する研究者、研究者チームの代表者。同当社ウェブサイトで活動趣旨と同社のニーズを公開して対象者からの研究テーマを公募し、書類審査や訪問審査などを経て案件を絞り込み、共同・委託研究契約テーマを決定する。

1回目の対象となるテーマは「高強度・軽量複合材」や「しゅう動面の長寿命化」、「耐久性の高い撥水・親水コーティング」などの技術ニーズに関する16分野。今年度内にテーマを採択し、2016年度から研究を開始する予定。

産学共同研究公募制度創設は、2015年度から3カ年にわたる中期経営計画「2015事業計画」で技術基盤の強化策として掲げる「オープンイノベーション拡大」に沿ったもの。国内外COE(センター・オブ・エクセレンス)との共同研究や海外拠点の充実に加え、新たな形態でのオープンイノベーションに取り組むことで、研究開発・事業展開の効率化と将来技術の創製を推進する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ