自動車耐久品質調査、ブランドランキングはレクサスがトップ…JDパワー

業界 レスポンス

J.D.パワー アジア・パシフィックは、2015年の日本自動車耐久品質調査を発表した。自動車耐久品質調査は、世界各国で実施され、車両の耐久品質を調べるもので、日本では今回初めて実施した。

調査では、新車購入後37〜54か月経過したユーザーを対象に、177の項目にわたって直近1年間のユーザーの不具合経験を聴取した。

外装、走行性能、装備品/コントロール/ディスプレイ、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション(ACEN)、シート、空調、内装、エンジン/トランスミッション(Eng/Trans)の8つのカテゴリーに分けて調べた。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として集計され、数値が小さいほど品質が高いことを示す。

ブランドランキングは、レクサスが54PP100で1位となった。2位がダイハツで66PP100、3位にはホンダ、三菱、トヨタが69PP100と同スコアで並んだ。業界平均の総合不具合指摘件数は72PP100だった。

セグメント別モデルランキングでは、ミッドサイズセグメントはトヨタの『SAI』、ミニバンセグメントでトヨタの『アルファード』がそれぞれ1位となった。日産の『キューブ』はコンパクトセグメントで1位、スズキの『アルト』が軽自動車セグメントで1位となっている。

調査の結果、走行距離が増えるにしたがってユーザーの不具合指摘件数が増えることが確認された。年間走行距離が1万kmを超えるユーザーグループでは、平均で1台に1件以上の不具合を経験している。

今回、調査対象となった車両の平均走行距離は3万3326km。走行距離別の不具合指摘件数では、走行距離が2万km未満のユーザーの不具合指摘件数は62PP100、2万-3万6000kmで80PP100、3万6000km以上では、104PP100となっている。

最も不具合指摘の多いカテゴリーは、外装で、次いで内装、エンジン/トランスミッションが続く。不具合詳細の上位項目は、1位が「空調吹き出し口からの不快なにおい」、次いで「車外ライトの電球切れ」、「ブレーキの異音」、「バッテリー上がり」が指摘されている。

  • レスポンス編集部
  • J.D.パワー アジア・パシフィック2015年日本自動車耐久品質調査結果
  • J.D.パワー アジア・パシフィック2015年日本自動車耐久品質調査結果
  • トヨタ SAI S Cパッケージ
  • トヨタ アルファード G《撮影 太宰吉崇》
  • 日産・キューブ
  • スズキ アルト《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ