トヨタ のパワーウィンドウスイッチ リコール、全世界に拡大…約650万台

業界 レスポンス

トヨタ自動車が10月21日、日本国内で発表した『ヴィッツ』など6車種およそ60万台のリコール(回収・無償修理)。このリコールが、全世界の約650万台に拡大した。

今回のリコールは、パワーウィンドウスイッチの不具合が原因。運転席ドアのパワーウィンドウのスイッチの潤滑用グリースの量が不足しており、端子摺動部から出る摩耗粉と水分などの浸入でショートを起こし、端子が発熱。スイッチや周辺の樹脂部品が焼損し、最悪の場合、火災に至る恐れがあるという内容。

日本国内では、ヴィッツをはじめ、『ラクティス』『ベルタ』『オーリス』『カローラルミオン』『イスト』の6車種がリコールに該当。2005年1月18日から2010年6月29日に生産された合計60万0965が対象になる。

このリコールが、全世界に拡大。トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売によると、米国では約200万台がリコールに該当。2007年および2009年モデルの『カムリ』をはじめ、2009-2011年モデルの『カローラ』、2006-2011年モデルの『RAV4』など、10車種が対象になる。

また、欧州など全世界を含めると、約650万台という大規模なリコールになる。

  • 森脇稔
  • トヨタ・カムリ(2007年モデル)
  • トヨタRAV4(2007年モデル)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ