国交省、柔軟なタクシー運賃制度実現に向け検討を開始

社会 レスポンス

国土交通省は、多様化する利用者ニーズに対応して、地域の実情に応じた柔軟なタクシー運賃を設定できるようにするための検討を開始すると発表した。

国土交通省では、2015年1月に「新しいタクシーのあり方検討会」を設置し、3回にわたって議論、8月に「中間とりまとめ」が策定された。

「中間とりまとめ」で、タクシー運賃制度については、多様化する利用者ニーズを踏まえ、地域の実情に応じた柔軟な運賃設定を可能とするなどの検討を進めるべきとされた。

これを受けて、「運賃制度に関するワーキンググループ」を設置して検討を開始する。1回目の会合を10月23日に開催し、初乗り距離短縮運賃実証実験に向けた検討などを行う。

  • レスポンス編集部
  • 国土交通省《撮影 中島みなみ》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ