三菱 eKカスタム / eKワゴン 大幅改良…フロントフェイス変更や安全装備強化

新車 レスポンス

三菱自動車は、トールワゴンタイプの軽自動車『eKカスタム』『eKワゴン』のフロントフェイスなどのデザイン変更、燃費性能向上、機能装備充実など、大幅改良を施し、10月22日から販売を開始した。

eKカスタムは、新しいフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。バンパーセンターは質感の高いグロスブラックとし、バンパー左右下部にはLEDイルミネーションを配したうえにクロームメッキで縁取るなど、スポーティでアグレッシブなデザインとした。

eKワゴンは、フロントバンパーのデザインを変更し、アッパーグリル幅を上下に拡大することでスポーティな印象を強めるとともに、左右下部にガーニッシュを追加し、安定感を表現。モダンでスポーティなデザインとした。

両モデルとも、NAエンジン車は電子制御サーモスタッドの採用やCVT制御の見直しなどにより、動力性能を確保しつつ、燃費を2WD車で30.4km/リットル(+0.4km/リットル)と改善。ターボエンジン車でも、オートストップ&ゴーとアシストバッテリーを新たに採用し、2WD車で26.2km/リットル(+2.8km/リットル)と、燃費性能を高めた。

機能装備では、予防安全機能付きの上級グレード「G セーフティ パッケージ」「T セーフティ パッケージ」に、夜間走行時、周辺状況や先行車・対向車の有無により、ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」を軽自動車として初搭載。さらに、「オートライトコントロール」、「マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)」を採用し、安全性を高めた。

価格はeKカスタムが134万5680円から170万7480円、eKワゴンが108万円から158万6520円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 eKワゴン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ