ヤマハ発動機、原付2種スクーター「シグナスX VC125SR」をモデルチェンジ

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、原付2種スクーター『シグナス-X XC125SR』をモデルチェンジし11月20日から発売すると発表した。

新型シグナス-X XC125SRは、外観・性能・操作系トータルのグレードアップするため「ダイナミック・シグナス-X」をコンセプトに開発した。

エンジンは、実用域のトルクを向上し、加速性能を向上させながらも、実用燃費の改善を図った。車体は、新作フレーム、新作フロントフォーク&リアアーム、新作5本スポークホイールなどの採用で軽量化し、車両重量は現行比4kg軽くすることで、高い走行性と加速感、燃費改善に貢献する。

また、新たに200mm径リアディスクブレーキを採用し、安全性能の向上も図った。

スタイルは新リフレクター採用のヘッドライト、LED導光体併用ポジションランプ、LEDと導光材を組み合わせたテールライト、青バックの液晶メーターなどを採用した。

今回の「シグナス-X XC125SR」は、2004年の初代型、FI採用して2008年に発売した2代目、LEDランプなどの装備で2011年に発売した3代目に続く4代目となる。

製造はヤマハモーター台湾で行う。

価格は30万7800円で、年間1万台の販売を計画する。

  • レスポンス編集部
  • シグナス-X XC125SR《画像 ヤマハ発動機》
  • シグナス-X XC125SR《画像 ヤマハ発動機》
  • シグナス-X XC125SR《画像 ヤマハ発動機》
  • シグナス-X XC125SR《画像 ヤマハ発動機》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ