VW、一部メディアの報道に反論…「最新ディーゼルに不正なし」

業界 レスポンス

一部ディーゼル車に、排ガス試験を不正にクリアする違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。同社が、最新ディーゼルでの不正を否定する声明を発表した。

これは、ドイツの一部メディアの報道を受けての対応。報道は、「フォルクスワーゲングループが2012年から導入を開始したEA288型ディーゼルエンジンにも、違法なソフトウェアが搭載されている可能性がある」という内容。

10月22日、フォルクスワーゲングループは声明を発表。「欧州向けのユーロ6およびユーロ5基準を満たすEA288型ディーゼルエンジンには、違法ソフトウェアを搭載していない」と明言している。

フォルクスワーゲングループとしては、違法なソフトウェアは、「EA189」型と呼ばれる旧世代ディーゼルエンジンだけに限られるとの従来からの主張を、強調した形。

フォルクスワーゲングループは、「EA288型ディーゼルを積む全ての欧州向け車両が、法的要件と環境基準に適合している」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • ドイツ・ウォルフスブルクのVW工場(参考画像)《写真 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ