フェラーリ、米ニューヨーク証券取引所に上場

業界 レスポンス

欧米の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は10月21日、傘下のフェラーリのIPO(新規株式公開)を行い、フェラーリ株を米国ニューヨーク証券取引所に上場した。

FCAは2014年10月、フェラーリをグループから分離・独立させ、フェラーリの株式の一部を上場する計画を公表。2015年7月には、フェラーリのIPOを、米証券取引委員会(SEC)に申請していた。

今回FCAは、フェラーリに対するIPOを実行し、ニューヨーク証券取引所にフェラーリの株式を上場。フェラーリの1株の価格は、52ドル(約6285円)で売りに出された。

FCAは、フェラーリの発行済み株式の約9%にあたる1717万5000株を市場に放出。投資家に注目され、当日の終値は55ドル(約6650円)まで上昇した。時価総額は、9億4462万ドル(約1兆1420億円)に達している。

10月21日朝、ニューヨーク証券取引所では、FCAのセルジオ・マルキオンネCEOらが、取引開始を告げる鐘を鳴らした。なお、フェラーリのニューヨーク証券取引所における証券コードは、「RACE」に決定している。

  • 森脇稔
  • フィアット クライスラー オートモービルズ(FCA)のロゴ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ