日産、一般道も走る最新の自動運転実験車を公開

業界 レスポンス

日産自動車は10月23日、神奈川県厚木市の同社研究開発施設で先進分野の技術説明会を開き、最新の自動運転実験車を公開した。

ナビゲーションに目的地をセットして自動走行させる。高速道路など自動車専用道路だけでなく一般道も含めたルートも走行できるとしている。近く国内や海外での公道試験を始める。

車両は電気自動車(EV)の『リーフ』をベースにした。搭載したセンサーはミリ波レーダー5個、レーザースキャナー4個、カメラ12個の構成としている。このうち、車両周囲の物体などを3次元で把握するレーザースキャナーは、大幅な小型・高性能化を実現したといい、「量産プロトタイプでこれだけの性能は世界初になると思う」(飯島徹也ADAS戦略企画・統括グループ部長)と評価している。

日産は2018年に高速道路の複数レーンでの自動運転技術、そして20年には交差点を含む一般道路での自動運転技術の導入を目指している。今回の実験車でそうした計画に向けた実証実験を行い、各システムの信頼性向上を図っていく方針だ。

  • 池原照雄
  • 日産の飯島徹也ADAS戦略企画・統括グループ部長《画像 池原照雄》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ