自転車を弾き飛ばして100m先で転覆、乗用車の運転者を逮捕

社会 レスポンス

19日午後7時30分ごろ、岩手県宮古市内の国道45号で、横断歩道を渡っていた自転車に対し、交差進行してきた乗用車が衝突する事故が起きた。自転車に乗っていた20歳の男性が即死。警察はクルマの運転者を現行犯逮捕している。

岩手県警・宮古署によると、現場は宮古市津軽石付近で片側1車線の直線区間。横断歩道はあるが、信号機は設置されていない。20歳の男性は自転車に乗った状態で横断歩道を渡っていたところ、交差進行してきた乗用車にはねられた。

男性は全身強打で即死。クルマは自転車と衝突した後に約100m先まで暴走。ガードレールへの衝突を繰り返し、最終的には転覆した。運転していた同市内に在住する24歳の男にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)の現行犯で逮捕している。

事故の状況から、警察ではクルマ側が速度超過状態で進行していた可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ