フリースケール、オートバイ向けABS専用の高集積アナログICを発表

モーターサイクル レスポンス

フリースケール・セミコンダクタは、業界初となるオートバイ向けアンチロック・ブレーキ・システム専用の高集積アナログIC「SB0400」「SB0401」を発表した。

2016年1月以降、欧州委員会の規制の厳格化により、125ccを超えるすべての新車オートバイに対してABSの設置が義務付けられる。今回の新製品導入は、これに対応するもの。

新ICは、ABSシステムの車輪速度センサ・インタフェース、バルブ・ドライバ、モータ・ポンプ・ドライバ、セーフティ・スイッチ、セーフティ・ステート・マシンをオートバイ/スクーター設計向けに最適化した小型パッケージに統合。SB0400はオートバイでの使用を、SB0401はスクーターや軽量オートバイを想定したIC。両製品ともリードレスで、ヒートシンクが不要なため、システムコストとスペースの節約に貢献する。

1万個購入時の1個あたりの参考価格はSB0400が3.35米ドル(約407円)、SB0401が3.05米ドル(約370円)。両ICとも現在出荷中。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ