ハーレーのディーラーが続々リニューアル…ねらいは「ユーザーの満足度向上」

モーターサイクル レスポンス

全国にあるハーレーダビッドソンの正規ディーラーが、続々とリニューアルしている。岐阜羽島インターから10分ほどに位置するハーレーダビッドソン国立(岐阜県岐阜市西鶉2-44)もまた新しくなった。

創業は1968年。メンテナンスからカスタムまで知り尽くした老舗と言われるだけに、創業当時からの付き合いがあるベテランも足を運び、県内はもとより他県からも常連客が顔を出す。

「ビギナーさんも大歓迎。ハーレーに興味のある人には試乗車を用意しているので、ぜひ一度体験して欲しい」と願っている。

リニューアルの目玉は、拡大し洗練されたショールームはもちろん、ハーレーダビッドソンのグローバル基準に適合し、最新の整備機器を導入したサービスファクトリー“dal BOX+”(ダル・ボックス・ピュー)だ。

6ストール、8台のリフト(サイドカー、トライクも対応)に車検検査ライン、ダイノ製シャーシダイナモを設置。ユーザーに確かなサービス技術を提供する。

こうしてディーラー店舗の見直しが推し進められているが、その目的についてハーレーダビッドソン ジャパンの代表取締役スチュアート・ファレル氏は、こう述べている。

「総合的な販売力向上と、カスタマーにより高質な整備技術とサービスの提供を実現するため」

本場アメリカのディーラーを思わせる巨大な規模と充実のサービスファクトリーで、ユーザーをバックアップしようという狙いだ。

  • 青木タカオ
  • リニューアルオープンしたハーレーダビッドソン国立。《画像 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • リニューアルオープンしたハーレーダビッドソン国立。《画像 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • リニューアルオープンしたハーレーダビッドソン国立。《画像 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • リニューアルオープンしたハーレーダビッドソン国立。《画像 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • リニューアルオープンしたハーレーダビッドソン国立。《画像 ハーレーダビッドソンジャパン》
  • ハーレーダビッドソン ジャパンの代表取締役スチュアート・ファレル氏。《画像 ハーレーダビッドソンジャパン》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ